福岡観光のレジャースポット都市と港が交わる場所|ベイサイドプレイス博多

子どもの日イベント開催!!

2017.4.10シェアするシェアするツイートツイートする

もうすぐ5月☆GWがやってきます!

「こどもの日」として祝われる5月5日。昔は子どもたちが兜をかぶる姿や、屋根より高い鯉のぼりが空を泳ぐシーンをよく見かけたものですよね。子どもの健やかな成長を願う「こどもの日」、それはぜひミルキーウェイでも何かお祝いをしなくては・・

ということで、ミルキーウェイでは男の子だけではなく、女の子も一緒に楽しめる2つの【子どもの日イベント】をG.W.に開催しちゃいます!
小さなお友達から小学生のお兄さん、お姉さんまで、みーんなでこどもの日をお祝いしましょう!


【こどもの日イベント】

その1『大きな兜を折ってみよう!』
自分でかぶれちゃう兜を作ります。
大きな折り紙にチャレンジしてみましょう。
出来上がった兜をかぶって、記念撮影してみては…?

【開催日】 4月29日(土・祝)・30日(
【時 間】 11:30~(無くなり次第終了)
【参加費】 無料(ミルキーウェイの利用料のみ)

ミルキーウェイのお絵かきコーナーで行います。
11:30になりましたら、親子でお絵かきコーナーにお越しください。

%e5%85%9c%e5%90%88%e6%88%90

その2『風船の鯉のぼり作り』
鯉のぼりの絵が描いてある風船にクレパスやペンを使って色を塗って仕上げます。
色を付けた鯉のぼりに、ヘリウムガスを入れてかわいい風船の出来上がり!
難しい作業がないので、小さなお子様でも簡単にできちゃいます。

【開催日】 5月4日(木・祝)・5日(金・祝
【時 間】 11:30~(無くなり次第終了)
【参加費】 無料(ミルキーウェイの利用料のみ)

ミルキーウェイのお絵かきコーナーで行います。
11:30になりましたら、親子でお絵かきコーナーにお越しください。

%e3%81%8b%e3%81%aa%e3%82%81%e5%90%9b%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%83%95%e5%85%a5%e3%82%8a%e8%a7%a3%e5%83%8f72

 

ところで子どもの日は「端午の節句(たんごのせっく)」とも言われていますが、皆さんは「端午の節句」の由来や意味をご存知ですか?

端午の「端」は「はじめ」という意味で、「端午」は5月最初の午(うま)の日のことなんです。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が「端午の節句」として定着していったそうです。

ちなみに鎧や兜を飾ることは、武家社会から生まれた風習で、身の安全を願って神社にお参りするときに、鎧や兜を奉納するしきたりに由来していると云われています。現在では鎧兜が“身体を守る”ものという意味が重視され、交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるようにという願いも込めて飾られるようになっています。

また“鯉のぼり”は江戸時代に町人階層で生まれ、子どもがどんな環境にも耐え、立派な人になるようにと立身出世を願った節句飾り。「生命力の強い鯉が急流を遡り、竜門という滝を登ると竜になって天に登る」という中国の伝説に因んでいるそうです。


子ども達がいつまでも素直な心を持って、素敵な笑顔で大きくなってくれますように、といつの時代も家族は願っているものなのですね。

 

もう間もなくのG.W.。『大きな兜を折ってみよう!』『風船のこいのぼり作り』という子ども達が楽しみながら日本の文化も学べる体験イベントに、ご家族の皆さんも是非一緒にご参加ください☆

 

ベイサイドプレイス博多公式フェイスブックベイサイドプレイス博多公式フェイスブック